kamenokoki.com

英語になってしまったGoogleヘルプを日本語表示させる方法

Posted:  Last Update:

Googleのヘルプがなぜか英語表示になってしまった…。読めないし、もう諦めようかな…。待って!諦めるのはまだ早いです!URLの末尾に魔法の文字をコピペするだけで簡単に日本語に変える方法を義紹介します!やり方と一緒に、裏の仕組みも解説しちゃうよ!

Googleのヘルプを日本語表示させる方法

まどろっこしい解説は後にして、早速やり方をご紹介!これでGoogleのヘルプは日本語に変わります!

基本の手順

Googleのヘルプが英語表示になってしまった時は、URLの末尾に「?hl=ja」と入力してページ遷移します。※Enterを押すとページ遷移します。

基本の手順-1

すると、あら不思議。日本語のページが表示されます。URLの末尾に「?hl=ja」がついていることが分かりますね。

基本の手順-2

基本の手順が効かないときは「?hl=en」を探す

上の手順で、まれに日本語に切り替わらないときがあります。そんな時は、次の手順を試してみてください。

URLの中の「?hl=en」を探し、「?hl=ja」に書き換え、ページ遷移します。※Enterを押すとページ遷移します。

「?hl=en」を探す

日本語のページが表示されましたね。URL中の「?hl=en」が「?hl=ja」になっていることが分かります。

「?hl=en」を探す-2

「?hl=en」→「?hl=jp」でも切り替わらない?

「?hl=en」→「?hl=jp」に変更しても切り替わらない場合には、そもそも日本語のページが準備されていない可能性が高いです。詳しい解説は後ほど…。

「?hl=jp」とはいったい何?Googleの裏側の話

さて、Googleヘルプの表示言語は魔法の文字「?hl=ja」を追加することで変更できましたが、それだけで言語が切り替わってしまうのは少し不思議ですよね。ここでは、どんな仕組みで言語が切り替わるのか、簡単に解説したいと思います。

※ここでは多くの企業が採用している仕組みをざっくりと説明しており、特定の企業のサイト構成とは異なることがあります。

「hl」は「Host Language」の略

「?hl=jp」の先頭部分「hl」は「Host Language」の略です。そして「jp」は「Japanese」つまり日本語の略。先ほど出て来た「en」は「English」で英語の略です。

Host Languageというのは、データベースに格納されている言語の中から何語を引っ張って来るか、という指示のことを言います。よくわからないと思うので、詳しく解説しましょう!

言語切り替えの仕組みイメージ

Googleなどのウェブサイトは、何人もの人で作っています。それなのに、デザインなども統一されていて見やすいですよね。実は、基本のデザイナなどの仕様は決まっていて、ヘルプページの担当の人が決めているのは文言だけなんです!

ヘルプページの担当の人が、その時に作るのがこのような大きな枠組みです。大見出しの内容や、本文1の内容などを、どういう内容でどういう順番で表示させるかを決めています。

言語切り替えの仕組みイメージ-1

枠組みができたら、 ヘルプページの担当の人は、各国の翻訳者に「このページを世界展開するから翻訳して!」とお願いします。各言語の翻訳者は、読みやすく翻訳した内容をデータベースに入力します。

データベースを単純化すると図表の通りです。各項目に対応して、各言語の翻訳が入力されています。

言語切り替えの仕組みイメージ-2

これを「?hl=en」「?hl=jp」などで呼び出すと、ホスト言語ごとに表示される内容が切り替わります。箱は同じでも、英語話者と日本語話者で違う箱の中身を提示できるようになるんです!

言語切り替えの仕組みイメージ-3

なんで表示言語を間違えるの?

表示する言語は、ブラウザの言語設定や住んでいる地域などで判断されています。しかし、特定ができなかったり、システムが勘違いしてしまうこともあります。

表示する言語を間違えた場合に英語で表示されることが多いのは、Googleがアメリカの企業で基本言語が英語だからです。ページを見ている人の言語が特定できない場合には、基本言語の英語で表示しているのです。もしGoogleがフランスの企業だったら、フランス語で表示されていたかも!

「?hl=jp」がないこともあるよ!

まれにですが、データベースに日本語が準備されていないことがあります。特に、新しいサービスでは日本語への翻訳が追いついていなかったり、世界展開する前にテストで英語話者限定のサービスなんかもあります。

「?hl=jp」を入力しても日本語に切り替わらない場合には、まだ世界展開にヘルプページの翻訳が追いついていないのでしょう。英語で利用するか、日本語になるまでのんびり待つしかありません。

他の言語に切り替えて遊んでみよう

さて、ホスト言語のデータベースに入力されているのは、英語と日本語だけではありません。もちろん、他の言語も準備されています!結構面白いので遊んでみてください。最後に「?hl=jp」に直しておくことを忘れずに!(忘れると、次回アラビア語やロシア語で表示されます…)

「?hl=fr」フランス語

「?hl=fr」フランス語

「?hl=ar」アラビア語

ぜひ試してみていただきたいアラビア語。文字が右から左に書かれるのに対応して、デザインも変わります!

「?hl=ar」アラビア語

「?hl=ru」ロシア語

「?hl=ru」ロシア語

編集後記

Googleのヘルプが英語表示になってしまった時は、次の手順を試してみてください。

  • Googleのヘルプが英語表示になってしまった時は、URLの末尾に「?hl=jp」を入力します。
  • 末尾に「?hl=jp」で変わらない場合は「?hl=en」を探して「?hl=jp」に変更します
  • それでも変更できない場合は、日本語のページが準備されていない可能性が高いです

この記事が、Googleヘルプの言語で困っている方の一助になれば幸いです!

記事をシェアする

亀の子に連絡

ランキング参加中!ぽちっとしてね

F2cランキングアイコン 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

RELATED

サイト作成豆知識+息抜き 

広告