kamenokoki.com

2020年12月のWindows Updateで「かな入力」に問題が起きたときの対処法

Posted:  Last Update:

2020年12月にWindowsのアップデートがありました。アップデートの後「かな入力」のキーボードがおかしくなっていませんか?Windowsアップデートに含まれていたIMEが原因です。この問題は「以前のバージョンを使う」ことで解決できます。解決方法を画像付きで詳しく解説します!

Windows Updateでかな入力に問題が発生

筆者も2020年12月15日にWindows Updateを行いました。Update直後からキーボードがおかしい?と思い始め、キーボードを別の物に付け替えたりしましたが問題が解決しませんでした。

ご参考までに、発生していたのは主に次のような問題です。ご自分の症状と見比べてみてください。

  • 「かな入力」と「英数字入力」を切り替えた際に問題が発生する
  • 「かな入力」と「英数字入力」を切り替えた際に Shift、Crrlキーが動かない
    ShiftあるいはCrrlキーの初回入力が無視される。切り替え後2回目のShiftあるいはCrrlキーは正しく認識される
  • 「かな入力」と「英数字入力」を切り替えた際に Delete、Backspace、→↓←↑に別のコマンドが割り当てられる
    たとえば、→↓←↑には数字が割り当てられており「↑」を押下すると「8」が入力される

「以前のバージョンを使う」で一発解決!(一時的措置)

Windows Updateで「かな入力」に問題が発生した際には、次の手順でIMEを元のバージョンに戻しましょう。以前と同じ快適な入力生活を取り戻すことができます。

以前のバージョンのIMEにもどす方法

以前のバージョンのIMEに戻す手順は簡単です。最初に文字入力の「IME」を探し、文字の上で右クリックします。

に文字入力の「IME」を探し、文字の上で右クリック

設定をクリックします。

設定をクリック

開いたウィンドウで「全般」をクリックします。

「全般」をクリック

ページの最下部までスクロールし、「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」をオンにします。

設定をクリック

これで昔のIMEのバージョンが使えるようになります。Windowsが問題を修正した際には新しいバージョンに移行しましょう。

IMEのバージョンをもとに戻したくない人の対応策

IMEのバージョンをもとに戻したくない、という方もいるかもしれません。IMEのバージョンを変えずに、キーボードだけでしのぐ方法もありますので合わせて紹介します。

ローマ字入力に切り替える

今回のWindows Updateで問題が発生しているのは「かな入力」のみです。ローマ字入力に切り替えると問題は発生しません。「かな入力+英数字入力」を「ローマ字入力+英数字入力」に切り替えれば問題は解消されますので、ローマ字入力でもOKという方はこの方法を試してみてください。

入力方法切り替え後にShiftを2回押す

「ローマ字入力はちょっと…」という方はShiftキーを2回押す方法を試してみてください。今回の問題は「かな入力」と「英数字入力」を切り替えた際に発生します。入力方法を切り替えた際にShiftキーを2回押しておくと、なぜかキー認識がもとに戻ることを発見しました。

少し面倒ですが、入力方式を切り替える際にShiftキーを2度押すことで、思わぬ入力ミスなどが回避できます。バージョンを戻さず、かつ「かな入力」を続けたい方はこの方法を試してみてください。

Windowsへのフィードバックも忘れずに!

上記の方法でキーボードの不具合は何とか回避できると思います。しかし、抜本的な解決ではありません。同じ問題に直面している方は、ぜひWindowsにフィードバックを送ってください。意見が多く集まると、Windowsも問題を早期に解決してくれると思います。

Windowsへのフィードバックは、「スタート」の「ここに入力して検索」に「フィードバック Hub」と入力して開きます。「問題の報告」という項目がありますので、内容を入力して送信してみてください。

フィードバック Hubを開く 問題の報告を行う

問題が解決された暁には、IMEの仕様バージョンも新しいものに変更することをお忘れなく!この記事が「かな入力」同志の皆様のお役にたてば幸いです。

記事をシェアする

亀の子に連絡

ランキング参加中!ぽちっとしてね

F2cランキングアイコン 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

RELATED

サイト作成豆知識+息抜き 

広告