kamenokoki.com

スクリーンショットの取り方【Windows10版】

Posted:  Last Update:

Windows10でスクリーンショットを取りたいとき、どうしていますか?ソフトなしでも、Windows10でスクリーンショットをとる方法は色々あります。Windows10でスクリーンショットを取る方法を、ショートカットキーと、Windows10標準搭載の「Snipping Tool」に分けて詳しく紹介します!

Windowsのショートカットキーでスクリーンショットをとる

こんにちは、HTMLとPHPでサイトを製作している「亀の子」です。このサイトでもHTMLやPHPの手法を紹介するために、画面のスクリーンショットをたくさん掲載しています。

私は現在Windows10が搭載されたパソコンを利用しています。スクリーンショットをとる方法は色々ありますが、「全画面のスクリーンショットが欲しい」「画面の一部分のスクリーンショットが欲しい」など、その時々で取りたいスクリーンも異なります。

Windows10では、ショートカットキーを使って、画面の全体のスクリーンショットを取ったり、画面の一部を切り取ったりすることができます。また、Windows10に標準搭載されている「Snipping Tool」という便利なソフトもあります。

この記事では、ショートカットキーを利用したスクリーンショットの取り方と、「Snipping Tool」を利用したスクリーンショットの取り方をご紹介します。どのようなスクリーンショットが欲しいかによって、色々使い分けられますので、ご自分の用途にあった方法を試してみてください。

Windows10のショートカットキーを利用したスクリーンショットの取り方

Windows10のショートカットキーを利用してスクリーンショットを取る際には「Print Screen」、「PrtScn」というキーボードのキーを利用します。ここでは「PrtScn」と表記を統一します。

なお、小型のラップトップの場合には独立したキーがなく、ファンクションキーと一緒に特定のキーを押す必要があることも。スクリーンショットのキーがない場合には、「メーカー、ショートカットキー、スクリーンショット」などのキーワードで検索すると「PrtScn」に割り当てられたキーを確認できます。

「PrtScn」クリップボードに画面全体をコピー

画面全体のスクリーンショットを取りたい場合には「PrtScn」を押します。現在表示している画面全体のスクリーンショットをとり、クリップボードに保存します。

クリップボードに保存した画像は、Wordやペイントなどのアプリで、「マウス右クリック→貼り付け」、あるいは「Ctrl+V」で貼り付けることができます。

「Alt + PrtScn」クリップボードにアクティブウィンドウをコピー

現在表示しているウィンドウのみのスクリーンショットを取りたい場合には、「Alt + PrtScn」を押します。こちらもクリップボードに保存されますので「マウス右クリック→貼り付け」、あるいは「Ctrl+V」で貼り付けます。

「Windows key + Shift + S」クリップボードに画面の一部を4角形にコピー

画面の一部を四角形に切り取りたい場合には、「Windows key + Shift + S」を押します。画面に「+」が表示されますので、マウスのドラッグで切り取り対領域を指定します。

こちらもクリップボードに保存されますので「マウス右クリック→貼り付け」、あるいは「Ctrl+V」で貼り付けます。

「Windows key + Shift + S」クリップボードに画面の一部を任意の形でコピー

画面の一部を任意の形に切り取りたい場合には、「Windows key + Shift + S」を押し、画面上部に表示されるツールバーで「フリーフォーム領域の切り取り」を選択します。マウスで切り取りたい領域を指定できるようになります。

クリップボードに画面の一部を任意の形でコピー

こちらもクリップボードに保存されますので「マウス右クリック→貼り付け」、あるいは「Ctrl+V」で貼り付けます。

「Windows key + PrtScn」ピクチャフォルダに画面全体をコピー

スクリーンショットをクリップボードではなく、画像として直接保存したい場合には「Windows key + PrtScn」を押します。画像は「png」形式で、「ピクチャ」フォルダ内の「スクリーンショット」フォルダに保存されます。

Snipping Toolを利用したスクリーンショットの取り方

ショートカットキーでスクリーンショットを取ることもできますが、Windows10には「Snipping Tool」というスクリーンショットをとるためのアプリケーションも標準搭載されています。

Snipping Tool起動方法

Windowsの「ここに入力して検索」に「Snipping Tool」と入力すると、アプリケーションが表示されますのでクリックして起動します。

スクリーンショット領域の切り替え

Snipping Toolの「モード」から、スクリーンショットをとる範囲を指定することができます。

スクリーンショット領域の切り替え

オプションの切り替え

Snipping Toolの「オプション」を開くと、スクリーンショットの装飾を変更することができます。たとえば「切り替え領域の下にURLを追加する」を選択すると、ブラウザを表示している場合にはURLが画面の下部に挿入されます。また、枠色を指定することなどもできます。

オプションの切り替え

スクリーンショットの保存

Snipping Toolでスクリーンショットを取得すると編集画面が開きます。画像を保存する際には「ファイル」から「名前を付けて保存」を選択します。保存時にJPEGやPNGなどの画像形式を変更することが可能です。

オプションの切り替え

編集後記

スクリーンショットをとりたいとき、私は主にSnipping Toolを利用しています。その一方で、「Windows key + PrtScn」を使うと自動的に画像が保存されるので、時間がない時に「念のためにスクリーンショットを取っておきたい」時に便利に利用しています。皆さんも、ショートカットキーやSnipping Toolを便利に使い分けてみてくださいね!

記事をシェア / @kamenokoki
Tweet @kamenokoki

亀の子にコメント / 感想を送る
  DM

広告