kamenokoki.com

WordPressは無料で使えるか

Posted:  Last Update:

WordPressについて調べていたら、料金ページにたどり着いてしまった。筆者の体験談だ。「WordPressは無料で使える」と皆は言っているのに、なぜだろう?そんな疑問を解消しつつ、WordPressのメリットとデメリットも紹介したい。

「WordPress」にはソフトウェアとレンタルブログサービスがある

「WordPress」という名前を冠する組織は二つある。「WordPress.org」と「WordPress.com」だ。「WordPress.org」はオープンソースのソフトウェアで、「WordPress.com」はレンタルブログである。(ここまでの説明で状況を理解できた方は次の小見出しまで読み飛ばしていただいて構わない。)

「WordPress.org」はオープンソースのソフトウェア「WordPress」の開発をまとめ、ソフトウェア「WordPress」を配布する団体だ。この団体が配布するソフトウェアは無料で使用することができる。

かたや、「WordPress.com」はソフトウェア「WordPress」を利用した、ブログサービスを提供する営利団体である。立ち位置としては「はてなブログ」や「アメブロ」などと変わらない。そして、そのサービスには月額料金がかかる。筆者が出会った料金表も「WordPress.com」のものだった。

ソフトウェアとしての「WordPress」と、その管理をする団体「WordPress.org」、そして「WordPress」を利用したブログサービスを提供する「WordPress.com」があることを踏まえておこう。

ソフトウェアのWordPressは無料で使える

よく聞く「WordPressは無料」とは、つまり、「ソフトウェアとしてのWordPressは無料で使える」ということだ。

さっそく無料のWordPressを使いたいと言う方は、WordPress.orgからWordPressをダウンロードできる。

なお、WordPressを利用してサイトを公開したい場合には、WordPressを置いておくレンタルサーバーが必要だ。レンタルサーバーには月額料金がかかるので、WordPressは無料でも、サイトの公開には別途費用がかかる。完全に無料でブログを始めたい方は、「はてなブログ」や「アメブロ」などの無料サービスを検討しよう。(ただし、無料ブログサービスでは物販やアフィリエイトを禁止していることが多いので、ブログで収入を得たいと思っている人は注意しよう)

無料で使えるWordPressにも、有料の機能がある

ソフトウェアとしてのWordPressは無料で利用できるが、付加機能をつけようとすると料金がかかる場合がある。

料金がかかる可能性のある付加機能の一つ目が「テーマ」と呼ばれる、ブログやサイトの見た目を決めるテンプレートのようなものだ。テーマはWordpress.orgのテーマページで配布している。このテーマは、世界中のWordPress開発者が開発し、このページに載せているものだ。多くは無料で配布しているが、テーマによっては料金がかかるものがある。

料金がかかる可能性のある付加機能の二つ目は、「プラグイン」と呼ばれる、WordPressに拡張機能をつけるためのものだ。たとえば、プラグインを利用してスマホ対応画面にしたり、サイトのセキュリティを高めたりすることが可能だ。Wordpress.orgのプラグインページから必要に応じてダウンロードして利用する。プラグインも世界中のWordPress開発者が開発し、このページに掲載している。無料で配布しているものも多いが、高機能のものは有料である場合が多い。

WordPressのメリット

WordPressを導入するか迷っている方のために、筆者が感じるWordPressのメリットとデメリットを紹介しておこう。

WordPressのメリットは、何といっても既存のテーマを使うことで手早く自分好みのページが作成できることだろう。自力でサイトを作ろうとすると、HTMLタグでページをつくり、さらに機能を付加したい場合はPHPやJavaScript、Perlと言った開発言語を習得しなければならない。自力でサイトを構築している筆者は、サイトを公開するまでに26日かかったが、WordPressを利用すれば当日中にサイトを公開することも可能だ。日々の更新も、ネット上で入力するだけで簡単にできる。特にHTMLを触ったこともないという方には非常に心強いソフトウェアだ。

SEO(検索に引っかかりやすくする)対策が容易にできるのもWordPressの利点の一つだ。サイトの基礎はWordPRessが自動的に作成してくれるので、「テーマの利用でサイトを訪れた人が読みやすいページになっている」「メタデータ(このサイトに何が書いてありますという情報)の管理が適切で、検索エンジンに拾ってもらいやすい」などの基本的な事項はカバーできる。また、プラグインを利用すると、スマホ対応にしたり、検索エンジンに拾ってもらいやすいページにパワーアップすることも容易だ。

WordPressのデメリット

初心者でもブログやサイトを作りやすいWordPressだが、そのためのデメリットもある。たとえば、多くの人が使っているのでスパム攻撃などを受けやすい。また、WordPressのバージョンアップで不具合が発生することもある。HTMLやPHPを習得していないと不具合にすぐに対応できず、対応までの期間はブログやサイトが表示できないなどの問題も起こりうる。

また、テーマやプラグインは豊富だが、必ずしも自分の好みや用途に見合ったものが準備されているとは限らない。その時は自力でカスタマイズする必要がある。しかし、WordPressの機能には限界があり、その範囲でしかカスタマイズができない。なお、カスタマイズしているとWordPressのアップデートなどでページに不具合が発生する事案も散見されている。自由度が高いサイトを作りたい方には、WordPressはあまり適さないと言えるだろう。

さらに気をつけたいのが、バックアップだ。WordPressはサーバー上で更新を行い、データも全てサーバー上に保存されている。定期的なバックアップを怠ると、問題が発生したときにこれまで書き溜めたブログが全て消える可能性もある。

まとめ

ソフトウェアとしてのWordPressは無料で使えるが、高機能なテーマやプラグインは有料で販売されていることがある。簡単にブログをはじめたいと言う方にはお勧めだが、ブログを自分の思い通りにカスタマイズしたい方には向かないこともあるので、導入前によく機能を吟味しよう。また、WordPressを利用する際にはバックアップが必須だ。レンタルサーバーではバックアップサービスを提供していることが多いので(有料のこともある)、賢く利用しよう。

記事をシェアする

亀の子に連絡

ランキング参加中!ぽちっとしてね

F2cランキングアイコン 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

RELATED

サイト作成豆知識+息抜き ・全記事表示 

広告